活動報告

2016.12.15

食品ロスの 削減に向けて年末年始も30・10運動で残さず食べよう!

食品ロスの 削減に向けて年末年始も30・10運動で残さず食べよう!

皆さん、「30・10(さんまる・いちまる)運動」をご存知ですか?

 

これは、宴会などで最初の乾杯後30分間とお開き前の10分間は席に着いて料理を楽しみ、食べ残し(食品ロス)を減らす運動の   ことです。横浜市では、飲食店等と連携して「食べきり協力店」事業を行っており、市内の登録店舗は720件以上です。こうした店舗では小盛メニューの導入や持ち帰り希望者への対応等を行っています。(「横浜 食べきり協力店」で検索)

 

また、年間1人当たり約5kg、約4,000円分が手つかず食品として廃棄されている現状への対策として、毎月10日と30日に冷蔵庫の中身をチェックして、賞味期限などを確認しムダに捨てられる食材を減らす活動「冷蔵庫10・30 (イーオ・ミーオ)運動」も展開しています。これからの季節、忘年会・新年会等の際には、ぜひ幹事さんから一言お声掛けいただき、参加者みなさんで「30・10運動」に取り組んでみましょう!

 

小粥康弘(旭区選出)
一覧に戻る