活動報告

2016.6.6

市会所属委員会が決定

市会所属委員会が決定

5月17日から6月3日まで市会第2回定例会が開かれました。

 

定例会では所属委員会を決め、私は水道・交通委員会と減災対策推進特別委員会の所属になりました。加えて、定例会の日程や議会の運営方法について協議するとともに、市会に関する条例等の議案や、請願・陳情などを審査する市会運営委員会に会派を代表して所属することとなりました。

 

常任委員会は水源の確保、水質対策、配水施設の管理、水道施設の整備、市営バス路線の整備・運行計画、市営地下鉄の建設・運行管理などの仕事について審査します。言うまでもなく、水道・交通は市民生活を支える重要なライフラインです。安心・安全を第一に委員会の中で議論します。

 

特別委員会では、減災及び防災対策の推進に関することを調査・研究を行います。南区は、中心部に大岡川が流れ、七つの丘に囲まれ急傾斜地が多い地形なので、減災及び防災対策については、議員活動当初から力を入れて取り組んでいます。昨年度も、「市営地下鉄の津波対策」や「感震ブレーカーの普及」について、この紙面を通してお伝えしてきました。東日本大震災や熊本地震の教訓を生かし、災害に強い街づくりを目指します。

 

伊藤純一(南区選出)
一覧に戻る